HAIR DONATION & CHARITY × valetta

[NPO法人 ジャパン ヘアドネーション アンド チャリティー]

 

私たちが必要である理由

 

小児がんや無毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子供達は、髪が無いことで大きなストレスを抱えています。自分の髪が抜け落ちる過程での精神的ショック、家族で買い物に出かけたり、外で友人と遊ぶ、という健全な子供であればごく普通の生活が億劫になり、外に出たがらなくなったり、学校や公園で周りの視線ばかりを気にしたりと、精神的に深い傷を抱えた状態で、日常生活にさえ支障をきたしている、という現状があります。また、復学の際の一番のネックになっているとの報告もあり、ここで失敗すると、その後イジメや引きこもりにも繋がりかねない、非常に繊細な問題を内包していると言えます。もちろんカツラをつけることで全てが解決するとは思いません。しかし、カツラをつけることで、健康な私たちには当然のことである、普通に日常生活をすることができる、気持ちも前向きになり治療にも専念できる、等の良い効果があるのではないかと考えています。そうした日常生活を普通に送れることで、悩み苦しむ子供達の自尊心を再建し「未来の希望」である子供達に、前向きに生活してもらいたい、というのが我々の願いです。

 

現在日本国内では、毎年およそ3,000人の小児がん患者が発生しています。この割合は、およそ5千~1万人に1人の子どもが罹患している計算です。日本で発生する小児がんの約40%近くは白血病で、その他が脳脊髄腫瘍、神経芽細胞腫、悪性リンパ腫および網膜芽細胞腫、等と続きます。小児がんの約80%が白血病を含むこれらの5つの腫瘍で、放射線治療などにより「不治の病」から「治る病気」になりつつあります。しかしながら、放射線治療や抗がん治療過程による毛髪の脱毛により、子供達の社会生活においては、前述の問題も含めさまざまな困難があります。同様に先天的な無毛症や脱毛症など、自己免疫疾患や火傷、事故によって頭髪を失った子供達も、同様に悩み苦しんでいます。

また、小売業者が販売しているカツラの殆どは成人が対象となっているため、子供が装着するには大き過ぎて、どうしてもオーダーメイドになってしまいます。親としては、高額な治療費によって、それでなくても家計が圧迫されている状況で、人毛で作られた高価なカツラを、自分の髪が生えそろうまでの僅かな期間の為だけに購入するということに、いくら自分の子供の為とはいえ、なかなか決断がつかないのも頷けます。

 

 

中には小児用のウィッグを安価に制作しているメーカーも、わずかながら存在しています。しかしナイロン制のカツラは、素人目にも不自然で違和感がある為、かえってイジメなどを助長してしまう可能性さえあります。加えて近年の人毛価格の高騰なども影響し、医療用でしかも子供向けの人毛カツラは皆無といっていい状態です。

こうした理由から、JAPAN HAIR DONATION & CHARITYでは、ドナーの善意から寄付された毛髪やチャリティー、ドネーションで得た資金をもとに、人毛の医療用ウィッグ(小児用)をオーダーメイドで生産し、より多くの子供達に無償で提供することを目指しています。

患者に提供されるカツラは、主に皆様から頂戴した毛髪で製作したものの他、ご寄付頂いたファッションウィッグ等を、滅菌消毒、再生加工を施したリユース製品などです。当団体は、市民の皆様をはじめ、企業・団体様方からの寄付金等で運営されており、基本的にはボランティアスタッフによって運営されいるNPO団体です。

 

 

http://www.jhdac.org/